Pocket

そもそも”アピオス”ってなに??

ここでは、まずアピオスそのものについてご説明していきましょう!!
これを読めば、明日からあなたもアピオス博士!! 興味ない方もしばらくお付き合いください。

1.アピオスってどんなもの??

アピオスはマメ目、マメ科、ホドイモ属の植物で、正式名称は「アメリカホド」 学名は「Apios Americana」日本では属名の「アピオス」で呼ばれています。あと、海外ではポテトビーン、またネイティブ・アメリカン(インディアン)にとっての貴重な食料であったため「インディアンポテト」の名前があったりします。

アピオスは多年草であり、つる性で2m~4mに達するといわれています。 原産国はアメリカ(北アメリカ東部) とされています。

このアピオス 明治時代にリンゴの苗木をアメリカから輸入した際、その土に混じって入ってきたといわれています。アピオスの主要生産地がリンゴの産地(青森県を初めとする東北地方)っていうのも納得ですね。


アピオスはマメ科の野菜ですが、土の中に出来る”お芋”を食べます。珍しいですよね マメ科なのにお芋って・・・。

ところで、このアピオス 6月後半から8月終り頃まで綺麗な紫色の小さな花を沢山付けます。その時期の畑は甘ったるい匂いが漂ってきます。でも、花は咲きますが”実”や”種”ができない植物なんです。なんとも珍しい植物です。

 

<ここでワンポイント>
このアピオスの花は乾燥させて「お茶」としても使えるみたいで血糖値の上昇を抑える効果も期待されているそうです。市販もされているようですよ
(弊社ではまだ商品化していませんが・・・)

 

 

 

 


土に中に出来る”お芋”は冬に収穫を行います。アピオスの大きさは、大きいものはソフトボール以上、小さいものは子供の小指以下で、一般的に出回っているのは一口で食べられるサイズで大人の親指前後の大きさだと思います。写真中央にあるのが親芋で、そこから小芋が連なって沢山出来ていますね。

<ここでワンポイント>
アピオスの根っこには、マメ科特有の”根粒菌(こんりゅうきん)”というバクテリアの一種が共存します。この根粒菌は大気中の窒素をアンモニアに変換し(窒素固定といいます)、植物の生育に欠かせない窒素を供給する働きをしています。土の中の空気量は少なく窒素も足りていませんが、根粒菌と共存する植物は窒素成分には困らないということになり、肥料の削減にも繋がるわけです(経済的ですね)。当然、アピオスはマメ科の植物で根粒菌の恩恵を受けているわけです。アピオスってすばらしい!!(ん?・・・根粒菌がすばらしいのか??)


アピオスは、親芋から伸びる根(ツル)に塊茎(かいけい)といわれる塊(かたまり)が間隔をあけて出来ます。これが”お芋”と言うわけで、見た目「数珠つなぎ」そのものですね。ツルを切らないように頑張って掘ってみたものが右の写真。土に対して横方向に伸びたツルは長さが約1.5m。これでも短いほうで2mを超える長さのものもあるようです。

 

 

 

収穫したアピオスはこんな感じ。箱の角に見える大きなお芋が親芋です。

アピオスは土の中で越冬できるので、一度に全部収穫しないで必要な分だけ収穫して残りは土の中においておくことが出来ます。春先、暖かくなって芽が出るまでには収穫してください。

又、収穫したアピオスは、涼しい場所であれば春先までは何とか保管が可能です。(但し十分管理は必要です)

 

 

2.どうやって栽培するの?

ここではおおよその時系列に沿って栽培方法(栽培カレンダー)を見ていきましょう。

①畝立て(3月~)
4月中旬の植え付けに間に合うよう畝立てを行います。
雑草の処理が大変なのでマルチシートも張ったほうが良いですよね。

 

 

 

 


②種芋の植付け(4月)
親芋を等間隔で植付けします。
遅霜でせっかく発芽した芽がやられてしまう可能性もありますので、ご注意されたほうが良いです(私も霜にやられた経験ありです)

 

 

 


③支柱とネットの設置(4月)
ツルを絡ませるための支柱とネットを設置します。
支柱は大体2m前後の高さが良いと思います。当社ではアーチ型の支柱を使っています。ネットは”キュウリネット”を使用 目合いは小さいほうが良いかもしれません。

 

 

 


④発芽した芽を誘引(5月~)
ネットに絡んでくれない芽を誘引します。
なかなか言う事を聞いてくれない芽が、後から後から出てくるので優しくネットに誘引しましょう(まさしく子供を育てるようにですね)

この時期、”アブラムシ”が発生する可能性が高いので要注意です。アピオスは農薬が使えない(指定農薬がない)ので、農薬以外の方法で駆除する必要があります(早期発見が大切ですよ)

 


⑤花の摘み取り(7月~)
6月後半頃~花が咲き始めます。花を咲かせる栄養分をお芋側へシフトしてお芋を大きくするため、花を摘み取ります(けっこう大変な作業で花もかわいそうなので私はやりませんが・・・)

摘み取った花は良く洗って乾燥させて”お茶”として飲めるんだって。(焙じて飲むと香ばしいお茶になります)

 

 


⑥収穫準備(11月~)
10月後半頃から、徐々に葉っぱが茶色に枯れ始めます。枯れたツルを切って、白い液体が出てこなければ収穫可能のサイン。ネットや支柱、マルチシートを撤去します。

 

 

 

 


⑦収穫(11月後半~)
いよいよ収穫の時期がやってきました。トラクターに掘り取り機を装着して土の中のお芋を掘り起こして行きます。堀り残しがないよう丁寧に掘りましょう。上手に掘れば、2mほどの数珠繋ぎ状態で収穫できるかもしれません。誰が一番長い状態で収穫できるか頑張ってみましょう(仕事の効率はめちゃくちゃ悪くなりますが・・・)

因みに、堀り残したお芋は当然ながらあちこちで発芽します。次年度は栽培しないといわれる方は、小さなお芋も残さないように収穫しましょう。

*1.この収穫カレンダーは岡山県県北で栽培した実績を基にしたもので、栽培地域が異なれば時期の前後があると思います。
*2.栽培に関しては弊社独自のいわゆる”我流”でやっています。間違っていたらごめんなさい。

 

3.アピオスの栄養価

世界三大健康野菜と言われるアピオス。その栄養価は高いものがあります。一般的によく言われているのが食味が良く似ているジャガイモとの比較で・・・

カルシウムは30倍、たんぱく質は3倍、炭水化物(繊維)は5倍強、鉄分は4倍弱、脂質は13倍、カロリーは約2.5倍とされています。

う~ん 栄養価ハンパない野菜ですね。


<データ>
奇跡のアピオス健康法 ダイエットしながらスタミナがつく!!(廣済堂出版)星川清親著作を参考

 

4.アピオスの味と食感

◇アピオスの味◇

見た目はお芋ですが、初めて見る方から”むかご?”ってよく言われます。確かに、色合いとか食感が似ているかもしれません・・・が、口にした感じは「ジャガイモ」「サツマイモ」「サトイモ」それぞれを足して栗で割ったような味がします(伝わりにくいですね)。 元々マメ科の植物なので、「茹でピーナッツのような味」っていうのがもっとも近いかもしれません。


◇アピオスの食感◇

やっぱり”お芋”と呼ばれている通り、ほっこりホクホク感。やっぱり「ジャガイモ」が一番近い食感とご説明すれば伝わるかもしれません。

味や食感には個人差がありますので、興味のある方はやっぱり「食べていただくのが一番」ですね。