Pocket

アピオスの栄養価

世界三大健康野菜とされる”アピオス”。その栄養価とはどんなものでしょう?

アピオスはジャガイモと比べてカルシウムは3倍、鉄は4倍・・・とよく言われています。その根拠は、1994年出版の『奇跡のアピオス健康法 ダイエットしながらスタミナがつく!!』に出てくる成分分析結果がベースになっているようです。その成分分析値は表の通りで、カルシウムや鉄以外で、たんぱく質や食物繊維、エネルギーも他のイモ類と比べると高い数値となっています。糖質がやや多いのが気になりますが、それにも勝る他の栄養成分からまさに”スーパーフード”といっても過言ではなさそうです。誰が言ったか知りませんが、大豆が”畑のお肉”なら、アピオスは”畑のうなぎ”とも言われているようです うまいこと言いますよね。

そういえば・・・
昔し、母親が娘のからだを思いやり、嫁入りの際に産後の滋養にアピオスを持たせたと言われ「嫁入りいも」とも呼ばれていたそうです。たぶんその母親も、嫁ぐときに、アピオスを持たされたんでしょうね きっと。(良い話しですね。 聞いた話なのでさだかではありませんが・・・)

 

健康野菜としての現状

栄養豊富なアピオス。このアピオスを食べる事での生理作用(便通、アトピー、肥満等)は数多く経験談として語られ、夢の健康作物としてマスコミにも取り上げられてきました。しかしながら、その滋養強壮効果についてはあくまでも伝承の類とされいます。

近年、徐々にではありますがアピオスの研究が進めたれており、アピオスの塊茎(お芋の部分)や花弁成分による活性酸素からの生体防御効果や抗がん作用、抗炎症作用、血糖値上昇抑制作用、血圧上昇抑制作用などが報告されていますが、これらについてもアピオスの機能的なエビデンス(根拠・証拠)は乏しく、消化器系臓器・他臓器に対する影響や適正摂取量の検討など、アピオス可食部の効能に対する科学的な根拠は十分示されていないのが実情となっています。

 

アピオスの研究

豊富な栄養価を持ち、世界三大健康野菜とされながらもその機能性がまだ伝承の類とされているアピオス。当社は健康野菜”アピオスプロジェクト”を進めるにあたり、この「伝承の類」を少しでも見える形にして、その機能性と合わせて”MIMASAKA APIOS(美作アピオス)”を皆さんに知っていただくため、「機能性成分及び食品応用」をテーマとして、美作大学にて研究活動を推進しています。

写真は、2018年4月25日 美作大学にて行われた調印式の様子